スポンサーリンク

【お盆】ご先祖様はどこに帰ってくる?お墓参りと先祖様へのご挨拶は?

お墓

お盆の季節、ご先祖様は、きゅうりの馬(精霊馬)にのって駆け足で帰ってくると言われています。そしてたくさんのお供え物やお土産と共にナスの牛で「あの世」へ戻られます。

地域によっても異なりますが、8月13日から8月16日頃と言われています。

お盆は、お釈迦様の弟子の「目蓮(もくれん)」が「餓鬼道(大まかな解説ですが地獄の様な世界)」に落ちてしまった母を救うために7月15日(旧暦)に供養した事が始まりとされています。

それ以来、仏教では旧暦の7月15日現在の8月15日を大切な日としています。

現代の私たちは8月の第2週が大手の企業がお盆休みという事もありお盆が来たことを実感します。

下記では、お墓参りの作法やマナー掃除の仕方などを詳しく解説しています。

お墓参りのマナーや作法 お掃除の手順や持ち物一覧 お墓に水は?
お墓は、大切な方やご先祖様に祈りを捧げることの出来る大切な場所の一つです。ご先祖様にも、周りの方々にも、もちろん自分にもマナーを守って気持ちよくお墓参りを行いましょう。「お墓に水をかけてはいけない」など、いろいろと間違ったマナーもあるようですがもう一度お墓参りのマナーも含めて確認していきましょう。
スポンサーリンク

ご先祖様は、いつどこに帰ってくるの?お墓?仏壇?元住んでいた家?

ここで一つ疑問がしょうじます。いったいご先祖様は、お盆期間中の「いつ」「どこに」お帰りになるのでしょうか?

地域によって違いはありますが、ご先祖様は、13日(迎え盆の日)に帰ってこられます。「迎え火」を夕方焚くのも、この火を頼りにご先祖様が戻ってくるためです。

16日(送り盆の日)には「あの世」へ戻られます。「送り火」を焚いてその煙と共に天に戻られるのです。

ご先祖様は、どの地域でも最終的には家の仏壇、家の盆棚・祭壇に来られます。なので、法要でお坊さんは、仏壇の前で読経してくれるのです。

「お墓参りに行ってもご先祖様はいるの?」という疑問がわいてきます。

ここが難しいところなのですが、ここの解釈は地域によって異なります。

  1. ご先祖様は「あの世の世界」からお墓に戻られるので、お墓に迎えに行き家にお招きするという解釈。
  2. ご先祖様は、家の仏壇でくつろいでみえるのでその間にご先祖様のお住いのお墓を綺麗にしておくという解釈。
  3. お盆後半にお墓参りする場合は、ご先祖様と共にお墓までお見送りするという解釈。

1の場合はご先祖様とお墓で待ち合わせなので「ようこそ」というご挨拶の気持ちでお参り出来ます。

2の場合はご先祖にお参りすると言うよりはご先祖様を守ってくれるお墓に「今までありがとう」という気持ちのお参りにまります。

3の場合は、あの世の世界に帰えられるご先祖様に「ありがとう」の気持ちでのお参りします。

お墓参りのお掃除とご先祖様へのご挨拶の手順

上記にも書きました様にお墓参りは、ご先祖様へのご挨拶的な意味合いになります。

  1. 手を合わせてご先祖様にご挨拶しましょう。
  2. 草や落ち葉の掃除をしお墓を磨きましょう。
  3. お花やお供え物、線香やろうそくをしてお参り。
  4. お供え物を片付けて帰宅(霊園によってはお花なども片付ける場所もあるようです)

※お供え物は、持ち帰って私たちでいただきましょう。

お墓参りのマナーや作法 お掃除の手順や持ち物一覧 お墓に水は?
お墓は、大切な方やご先祖様に祈りを捧げることの出来る大切な場所の一つです。ご先祖様にも、周りの方々にも、もちろん自分にもマナーを守って気持ちよくお墓参りを行いましょう。「お墓に水をかけてはいけない」など、いろいろと間違ったマナーもあるようですがもう一度お墓参りのマナーも含めて確認していきましょう。
タイトルとURLをコピーしました