葬儀・葬祭

スポンサーリンク
葬儀・葬祭

【葬儀・葬祭】葬儀とはなにか?逃れることのできない四苦の中で・・・

『プレグリーフ』という言葉がある。心の動きの違いは単純に言えば、私が年をとり成熟したことにある。大人になって感情がより複雑になったのだ。しかし大人になった私たちはそれ以上に、死を身近に感じ触れてきたことでまだ訪れていない死の苦しみや、過ぎ去った苦しみを心の中で何度も追体験してしまうのだ。
2019.03.07
葬儀・葬祭

洗骨という映画1  先祖供養の形は

多くの人は人の死をネガティブに考えがちだ。泣き叫び悲しみに浸る。私も母を亡くしてしばらく悲観にくれたことがある。でも私は母が亡くなってからも、母のお墓参りはできる限り行っている。供養だ。私は母の分身であるから母に対して死ぬまで感謝している。
2019.03.07
葬儀・葬祭

洗骨という映画1 照屋監督すごいね

私は映画を月に15本は観る。映画の始まる前に予告が流れ、近日公開される映画の予告が流 れるが、この『洗骨』の予告はとても衝撃的であった。骨を洗う、、、。初めて聞く言葉だった。
2019.03.07
葬儀・葬祭

かつて沖縄で行われた『洗骨』という文化 映画が語りかける弔うということとは

死ぬということは迷惑だろうか?『人に迷惑をかけるな』『自己責任』なんて言葉が踊る現代社会の風潮の中、『死ぬこと=人に迷惑をかけること』ということになってきてはいないだろうか?骨を洗うということはよても大変です。だけどこの映画は、それもいいんじゃない?っと私たちに優しく語りかけてきます。
2019.03.06
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました