スポンサーリンク

【訃報】陽だまりのような女優 八千草薫さん亡くなる 一瞬一瞬を大事にして生きたい

お悔やみ・訃報

女優の八千草薫(やちぐさ・かおる)本名 谷口瞳(たにぐち・ひとみ)さんが

2019年10月24日すいぞう癌の為、東京都内の病院で亡くなっていたことがわかった。

88歳だった。

2017年にすいぞうに癌が判明、2018年1月に手術をおこなっていた。

2019年に入りまた肝臓に転移した癌が見つかり治療の為、入院していた。

八千草さんの希望で葬儀は近親者だけすでに済ませ、「お別れの会」などの予定はないということ。

1947年宝塚歌劇団に入団

1951年に「宝塚夫人」で映画デビュー。

1954年の「宮本武蔵」でヒロインお通を演じ米アカデミー賞で名誉賞(外国語映画賞)を受賞、

1955年公開の日本とイタリア合作映画「蝶々夫人」では主役の蝶々さん役を務めた。

その後、「男はつらいよ」など数々の映画やドラマに出演した。

スポンサーリンク

陽だまりのような大きな愛で

自宅の庭には、4メートルほどのビヨトーフ(人口の池)をつくり日本固有の自然の生き物を愛していた。

メダカやヤゴ、おたまじゃくしなど様々な生き物と共にくらしていた。

登山好きで、環境庁の自然環境保全審議会委員などを務めた。

6月には倉本聰さんが案内をして北海道の富良野を旅行したという。

「自然の中ですごく素敵で気持ちのいいところでしたね 」と語っている。

一瞬一瞬を大事に生きたい

記者の質問で「何を大事にして生きればいいのか?」と言う質問の中で、

それは「今」です。1日をきちんと大切に生きるというのが、本当はとても難しい。

目の前のことをごまかして先に進んでも、結局はうまくいかなくなります。

私は「今」というこの瞬間から逃げず、一瞬一瞬を大事にして生きたいです。

と語っている。ご冥福をお祈りいたします。

タイトルとURLをコピーしました