【訃報】ショーケンの愛称で親しまれる萩原健一さん死去

お悔やみ・訃報

ショーケンの愛称で親しまれた萩原健一さんが3月26日午前10時30分消化菅間質腫瘍(GIST)のため都内の病院で亡くなった。68歳だった。

所属事務所によると2011年から闘病生活を送り病と戦ってきたが、本人の意志で公表を控えたとのこと。

1967年17歳で『ザ・テンプターズ』のボーカルとしてデビューしグループサウンズの全盛期を支えた。

テレビドラマ、『太陽にほえろ!』『傷だらけの天使』など俳優としても活躍、映画『八つ墓村』『影武者』などにも出演した。

葬儀は個人の遺志により家族のみで営まれ27日に都内の斎場でだびに付された。