葬儀・葬祭情報サイト cocodama・ココダマとは?

葬儀・葬祭情報を幅広く地域や文化、宗教・宗派の垣根を超えてご紹介していきます。弔うということが多様化してきた現代社会の中で故人様やその方を思う方々の心に寄り添える、
弔いの形の参考になれば幸いです。
下バナーは日本全国お悔やみ・訃報情報をまとめました。

【散骨】散骨方法による費用の違い。散骨に伴う許可や手続き、法律知識など

散骨

散骨してお墓を持たない事で遺族や孫達に迷惑をかけない。

人は必ず命を全うする時期がきます。その時あなたは何を思うか?

平成27年に行われた熱海市のアンケートがありましたので参考にしました。

熱海市墓地に関するアンケート

『お墓に入る』ということ

死んだらお墓に入るんだろう・・・。皆なんとなくこう思っていませんか?

しかし平成27年のアンケートを見てみると

お墓は必要であると答えた人が35%に対し、お墓が必要でないと答えた人が53.5%と大きく差を作る結果となりました。

さらにお墓を必要でないと答えた人の中で自然葬(樹木葬や散骨など)の割合が多いという結果となりました。

自然葬(樹木葬や散骨)はお墓を所持して埋葬する場合に比べ比較的安価で費用が抑える事ができます。

さらにお墓を今後管理する人がい無い場合の不安や親族に迷惑をかけられないなどの配慮もあるようです。

 

 

その結果が、老人亡くなった人「葬儀調査」として、多くの場合、飽きのコミットメントの下に「重大な」人間の行動を持ってだれできるようにすることですが、あなたは墓地や霊園を探しています、愛する人が多くの状況を抱えているような状況がたくさんあります。たとえば、明日の墓に強制的に入り、面倒な状況に陥るなどです。

また、期待の高まり数も非常に良いですが、墓は生存者はいくつかのケースでは維持できない、「深刻Jimai」サージだろう建設された、そのような高価な処分など経済的困難、に分類されます、私は意志遺族がかかります。あなたが骨を伸ばすことを選択した場合、これらの問題はまず起こりません。

「私が死んだ後はIと灰の飛散は、」故人深刻な問題私の家族に負担をかけたくないので、彼の後継者不足は、高齢者の介護者を残すかについて、より多くの関心の低出生率の今開発、これは親切ではないと思いますか?

→遺跡の長所と短所の普及

全国の新2018→大型春散乱剤

どの方が良いですか、英急さんと散っていることを知りたいのですか?
これは良いことですが、最終的には、混乱や他の人の遺骨を墓に安置された「永久追悼(永久追悼式)」を聞きます。寺院のすぐ後ろで寺院を礼拝することができます。また、33年後に儀式のアンサンブルの年は異なるでしょう。

この点で、散在した骨は他の人間の遺骨と決して混合されません。加えて、青い空や熱帯の海の広がり、ではなぜ、このような目的の人のところに沿って桜の木などの地域の最終勧告、。

→労働の厳しい分業のための方法、手続き、手続き

許可が必要なのですか、または配布を申請しますか?
地方分権の際には、公的機関の許可または申請書類を入手する必要はありません。現時点では日本の法律では疑わしい疑いのある灰色の州では、関連する書類はなく、管轄の地方自治体は存在しません。

→骨の散布と違法法について

→残渣を掻き取るまでの流れ

私有地の分権化には許可が必要です。たとえば、私のウェブサイトには許可は必要ありませんが、競技会ブースではエンターテイナーによって嘲笑される人もいます。この場合、レーストラックの許可が必要です。ゴルフ場に散在したい人はゴルフ場オーナーの許可が必要です。

→掻き取ることができる場所、行えない場所

頭蓋骨の種類とコストのコストについて
メンテナンス費用は不要ですが、散布には適していますが、散布そのものには多少費用がかかります。私は空間葬儀からの自己動機のばらつきを比較しようとしました。

分散コストと難易度

→ここで最もコストが安い

もちろん、粉を自分で作って骨を広げれば0円になります。
あなたが体を粉砕して自分で広げると、分散のコストはゼロになります。人間の骨格の場合、あなたが散乱灰ことができる場所に制限されているが、個人の粉末状が違法であることを確認する分ではありません(灰の飛散に関する法律のために)ささやかなまま。このようなペットのためのKonakotsu場合は、「すべてのフロント花壇良い家」が、また、播種がほぼゼロであるところの基本的な質問を「私は歩く方向を愛する」となど。

[利点]
それは非常に安いです。故人の希望に応じて、比較的自由な場所を選ぶことができます。
[違法]
許可なく、私たちは私有地や公共施設に骨を広げることはできません。

→掻き取ることができる場所、行えない場所

身体の残骸を代用品に残す方が簡単で安全です
残物は2ミリメートル以下の粉体でなければならないが、骨抜きのものは心の中で答えるだろう。だから私は、粉末代替骨のサプライヤーに尋ねるのが最善だと思います。あなたが郵便で送ると、それは1週間以内に清潔な粉末としてあなたに返されます。それは約1〜3日かかります。手で粉末にする場合、機械で30分間粉砕を終えます。

→どのように適切な粉末骨代用品を選択する

歩く鐘の価格は25,000円から
どのように非常に贅沢な、限り、それは土地に散在その灰の性質であるとして、海洋の多くはすでに灰散乱、灰の飛散することが非常に困難です。私たちは、全国のボートセーリングを操縦するために、当業者飛散灰が、親戚を揃えることは容易ではないかもしれないが、船はよくないですが、現実には、多くの人々がさまざまな理由で散乱灰ことができないということである、として忙しく行きませんでした。

専門家によって委託されて分散される別の方法があります。これは「分散骨置換」と呼ばれるサービスであり、故人の家族によって任命された人が遺族を擦る。価格は、散乱の場所や条件によって異なりますが、市場価格は約5万円です。普及後、私たちは普及証明書を発行するので、安心感を得ることができます。最も単純で信頼性の高い分散したバックボーンである可能性があります。

→安心して委託された分別ベル代替サービスについて

スカイボーン〜東京ベイ
海洋散布の国内市場価格とコストは約20万円です。
船を所有している海灰色のプロバイダに散在、家が葬儀業者、状況下で海に点在する灰で比較的安価に提案され、それはいくつかの方法で、多くの場合、高価なオプションと思われます。チャーター船は親族のみで行われ、「海洋チャーター灰の飛散が」30万円50万円で、コストが行わ共同で10万円の市場であり、他の「共同マリン灰散乱」と、また高いです。流出前と流通後に優れたサービスを持つ設備の整った船舶や優れたディーラーは高価です。

[利点]
私は思い出に残る豪華なセレモニーの形で私の家族と一緒に行くことができます。それが海に飛び散るので、それは後で問題になることはありません。
[違法]
料金は高価です。散乱サイトの海は決定的なものです。シーシックの人々は緊張している。

墓地に散在する木のコストは60万円です。
木竹は適切に通知された墓地でのみ完成することができます。あなたが海洋の散乱体として散在している場合、墓地への年間管理費の年間費用を除いて年間費用は増加しません。墓地の状態に応じて、永久的な献身のように数十年にわたって管理費を一括して支払うことができます。初期コスト+年間管理費×年は樹木埋葬費用です。墓は安いですが、維持管理費が必要です。

[利点]
あなたは墓のような安心感を得ることができます。
[違法]
料金は高価です。これにはメンテナンス費用が必要です。これは故人の家族の負担です。

埋葬樹の伐採要件を修正する

スカイ・ディストリビューション費用約30万円 –
飛行機の飛行機の場合は、飛行機のグラフィックを描画するため、少し高価です。さらに、限られた数の乗客のために、多数の飛行を完了することができなかった。それは空であると言われていますが、それは海に散らばっているので、実際には海の葬儀に近いです。日本には企業が少なく、非常に高い希少価値で発掘されます。

[利点]
ダイナミックな分散による美しさの損失。
[違法]
散乱点は限られている。天気に脆弱です。

宇宙飛散の費用は約20万円(一部灰のみ)
宇宙の葬儀は、風船を発射して成層圏に吹き飛ばす方法です。重量制限があるので、二人が一緒に夫と妻であるため、不合理な方法は、ですが、あなたは自分のコストについて20万円安く散乱灰灰の飛散や海洋の平均のことができるようにしているようです。

[利点]
これは死者が宇宙のために切望した最後の時です。
[違法]
生存者は散乱の感覚を持っています。天気に脆弱です。

海外の地方分権化された費用のための交通費と宿泊費の増加
海外でさえも、日本とほぼ同じです。日本よりもボートや飛行機が安い場所がたくさんあり、飛び散らせることができます。海外の人々は、分散した文化の中に多くの人々が散在し、個人が散在しているため、日本人よりも安くなる傾向があります。日本から海外へ行く場合は、旅行費用や宿泊費が高くなります。価格が上がると平均価格は約80万円になると思う。

→3泊4日のハワイへの大人の旅行は徒歩4日分です

あなたの希望が分からないときは、どうやってスカーフを作るのですか?
あなたは、ほとんど誰グレー散乱、あなたはまた、故人の決定の家族の同意を得ずに珍しい人によって問題を議論することができ、「希望の人が中にあるとき、リビング」です。この場合、皆が満足するまで、対話を議論することをお勧めします。遺族が遺族になった後は、しばしばトラブルの原因になります。

私は病気と戦っている間に質問する方法について考えている
私がまだ父親だったとき、私は戦いで自分の道を失ったが、私が遅れていたので、私は何とか何か言った。 「緊急時にあなたは何をしたいですか?」「あなたはハワイを愛するならば、私はあなたが私が行うことを目指したことがない海の中で灰にしたいハワイハワイは父が言われる準備ができていたようだ」散乱です。傷をつくることは墓を建てるよりも安く、人々はより快適だと言われています。したがって、あなたがまだ生きている前によく話すことは良いことだと思います。男は自分自身が楽しく言った: “私は死んで、私はハワイに到着した。

私の父親の家族は神道であり、仏教の墓は「大津城(秘密の静寂)」と呼ばれています。私は明け方に大きな石碑を造り、それを崇拝しましたが、私は何百万円も作りました。実際、彼の祖父は良いものの彼女の故郷に建てられていたので、それは非常に良いです、と私は唯一の確実それらが入るようにと思っているので、生き確認されています。しかしが、波乱の親戚に寒い場所を感じ、または彼の父の性格を知っている彼の人生は初めて、新しい好奇心であるが、私は驚い叔母はそれがハワイに良好であることを確信して終わりで考えている、私は私の灰が飛散してきましたそれについて話す。

「私が死んだときに散らばっている」という言葉の後ろに…
これは対話ですが、あなたが最近聞いた、謙虚さの心理的な感じで、「私は十分ではないよナント化粧墓は、ので、」「私は故人の家族に負担をかけたくない、私は死んだ。」2つの感情が含まれているようです。多くの人が寺院を継承し、あなたの関係墓難しくしているので、団塊の世代が「……少なくとも、子孫に」、彼の気持ちであると考えられて反映されているの上端よりも近いです。

さらに、戦闘病の寿命が長い場合、多くの場合瘢痕が望まれる。最後の青い海に広がることを願っています。

飛散した後、海は墓に取って代わりました
彼はどのように人々の慰霊の灰の飛散かどうか、それはお盆の週の間に海の景色と春分とレストランなど、親族やディナーの全員を集めてきたと言います。 「海は彼らが導いているからです」海はすべて墓に覆われています。多くの人々は月曜日の考えのようです。あなたが相談したい場合は、孤独な、またはビーチに行く!私はこれが良いと思う〜。

散らかったエピソード
私の父親の友人から素晴らしいメッセージが届きました。
父親の遺灰を散乱した後、あなたは、写真にChichiateに送信された年賀状のはがきに「ハワイで散布灰を」灰海の状態を散乱することができます。それから数十年後にあなたの夫と妻と一緒にハワイに行く機会があり、ありがとうございます。コンテンツもあります。私は楽しい絵を見ました。私の息子は少し幸せでした。
→骨を広げることは違法ですか?法と許可について